全日本選手権 関東大会
 1回戦 1月11日 墨田区総合体育館


  フュンフシュピューラー山梨 vs ペスカドーラ町田アスピランチ

  全国大会への3つの切符を争う全日本選手権の関東大会。
  1回戦第3試合には東京予選で関東1部3チームを破り優勝した注目のペスカドーラ町田アスピランチが登場。
  立ち上がりから前プレでボールを奪い山梨を押し込むアスピランチ。。

  2分、宮崎からのパスを右から相原が決めアスピランチが先制。
  4分にもコーナーキックから永野が決めて序盤でアスピランチが2点をリードする。
  その後もカウンターのピンチは時折あるものの
  関東2部のフュンフ相手に東京1部のアスピランチがほぼボールを支配し試合は進む。
  
  17分にゴール正面から山野が反転シュートを決め0-3でハーフタイム。
  後半に入っても優勢に進めるのはアスピランチ。大きなチャンスを作れない山梨は
  残り6分からパワープレーを開始。しかし37分にアスピ瀬戸のパワープレー返しで0-4となり勝負あり。
  終了間際に渡辺の意地のゴールで1点を返したフュンフだが1-4で敗退。
  アスピランチが東京大会の勢いそのままにカテゴリー越えを果たし、準々決勝に進出した。

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 2分、相原(アスピ4)の同点弾。フュンフ0-1アスピ。 
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 4分、コーナーキックから永野(アスピ6)。フュンフ0-2アスピ。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 17分、山野(アスピ20)。フュンフ0-3アスピ。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 37分、瀬戸(アスピ5)。フュンフ0-4アスピ。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 40分、渡辺(フュンフ7)。フュンフ1-4アスピ。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 ペスカドーラ町田アスピランチ小川監督にお話をお聞きしました。
 LoveFootball.jp
<Q.関東2部のチームが相手でしたが強い勝ち方でした。どういった指示で入りましたか?>
選手権のように負けたら終わりという試合は、もちろん内容も大事ですが、時には自分たちのやり方を捨ててやらなければいけないこともありますし、今日はそういった判断が出来て進められたかなと思います、序盤は堅さも少し見られたんですが、全体を通しては楽しくやれたと思います。
<Q.東京大会の時は優勝したとはいえ、上のカテゴリーのチーム相手には、やはり守ってカウンターという感じでしたが、今日は完全に主導権を握って勝ちましたね?>
そうですね。それもそうですし、一応相手をスカウティングして、情報をある程度選手には入れていました。相手の選手の間は結構取れるし、ひょっとしたら引いて守って来るかもしれないけど自分たちのクアトロが十分通用するよ、という話はしていて、一番よくないのは相手に合わせて自分たちの足が止まってしまうことだと思っていたので、自分たちは常に動き回ってパスコースを作って練習通りやろうという話をしていました。もっと堅くなって普段通りに出来ないかなとも思ったんですが、このチームはやりこんできた時間も長いので、上手く自分たちの特徴を出せて、点も早い段階で取れましたし、前半の最初なんかは本当に上手くいって自信を持ってその後もやれたと思います。
<Q.後半相手のパワープレーも守りきれましたね?>
最後1点やられちゃいましたけど、それほど危なげなく進められたと思います。もっと早く点を取られていればタイムアウトも取ろうかと思ったんですが、選手を入替えて指示を伝えながら上手くやれたと思います。
<Q.東京大会優勝、そして今日も2部チームに快勝して自信は相当あると思うんですが?>
そうですね。自分たちが練習をしてきている部分に関しては本当に自信があるので、あとはそのプレーを出すことが出来れば十分やれると思っています。ただ若い選手も多いので、メンタル面が心配でもあります。少し上手くいかなくなった時に自分たちを信じきれるかという面で、上手くいかなくてもワァーと言うんじゃなくて、それでいいんだよ、って言ってあげることが大事かなと思いますし、今はそれが出来ていて選手たちが頼もしくなってきたなと思います。
<Q.次の相手はゾットかFCmm、ゾットだと昨年の関東大会で負けて、今期の都大会で勝っている相手ですね。>
どちらがいいということはないですが、ゾットのほうがやり難いなとは思います。都大会でカテゴリー下の僕らに負けて、(ゾット監督の)清野くんも悔しいって試合後に言っていたので、どっちが来ても強敵なのは間違いないですが、やり難いのはゾットのほうですね。ただスタイル的な噛み合わせとしては回し合いになりそうなゾットのほうがいいかなという気もありますので、どちらということはないですね。どちらにしてウチより上のチームでリスペクトを持って戦いますし、チャレンジャーという気持ちを失っては勝てないと思います。
<Q.もちろん全国大会が目標だと思いますが?>
そうですね。それもありますが次勝てばあと3試合できるので、このチームでこういったシビアなゲームを3試合戦いたいと思うので、あと2週間しっかり準備して戦いたいなと思います。
<Q.他のチームではどのチームが手ごわいなと思いますか?>
それはどのチームも手ごわいと思っています。僕らは都リーグですし、一番下のカテゴリーのチームだと思っていますので、今日勝ったからと言って関東2部に上がれるわけでもないですし、今日も一発勝負だったから僕らが勝っただけでいつもウチが勝てるとは限りませんから、僕らは謙虚に一つ一つを戦っていくだけで、その先に優勝だったり全国大会だったりがついてくると思ってしっかりやっていきたいと思います。





 
 全日本選手権 関東大会
 1回戦 1月11日 墨田区総合体育館


  ゾット早稲田 vs FCmm

  3分、千葉のシュートで先制点を奪ったのはFCmm。しかし5分にゾットが松田のシュートで同点に追いつくと
  その後ゾットのシュートが面白いように決まる。米谷の2発と荒木の1発で前半11分で4-1。
  FCmmも圧倒されているわけではなく、チャンスは多く作るが13分に1点を返すに留まる。
  17分にゾット雪島のゴールで5-2となり前半を折り返すと、
  後半は22分のゾット荒木のゴールのみで試合は膠着。そしてそのまま6-2で試合終了。
  ゾットは準々決勝で東京大会決勝で敗れたペスカドーラ町田アスピランチにリベンジする機会を得た。



 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 3分、千葉(FCmm9)。FCmm1-0ゾット。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 5分、松田(ゾット2)。FCmm1-1ゾット。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 9分、米谷(ゾット22)。FCmm1-2ゾット。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 11分、荒木(ゾット4)。FCmm1-4ゾット。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 13分、田中(FCmm23)。FCmm2-4ゾット。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 17分、雪村(ゾット15)。FCmm2-5ゾット。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 FCmm目良選手兼任監督にお話をお聞きしました。
 LoveFootball.jp
<Q.今シーズン、選手権はここで破れ、リーグ戦は5位でした。1年を振り返るといかがでしょうか?>
リーグ戦は前半戦は、もくろみ通り良いスタートを切れたんですけど、後半失速してしまいましたので、まだまだ修正しないといけない点が沢山あるのかなと思います。
<Q.具体的に良かった所と悪かった所はどこでしょう?>
関東リーグ2年目にして自分たちのスタイルを通して挑めるようになった所までは良かったと思いますが、後半失点が目立ちましたし、チームとしてディフェンスを確立できなかった所など、基礎的な底力の部分で足りなかったと思います。それと勝つための試合運びという点でも上位のチームとの差はまだあるのかなと思います。
<Q.まだ終わったばかりなんですが、来シーズンに向けてどういった準備をしていきたいと思いますか?>
得点はシーズン通して爆発力を発揮できたかなと思いますが、やはり失点が多くて、その結果勝ち越せないという展開でしたので、4枚の組織的なディフェンスを一からテコ入れして底上げをしないといけないかなと思います。
<Q.戦術を全体的に見直そうという感じですか?>
いや基本的にやることは間違っていないと思いますので大きく変えようということではなく、でも特にディフェンスの部分は誤魔化しが効かないので細部に拘って、いままで積み重ねてきたものを生かしてシーズンの最後までいい形で終わられるチームにしていきたいと思います。
<Q.チームの雰囲気はずっと良いように見えますね?>
そうですね。結果が最後負けてしまったので暗い話のようになっていますけど、決して悲観的ではなく、昨年より成績も上がっていますし、引き続き明るくいければいいと思います。



  次回以降の関東大会
  <1回戦> 1月23日(土) 立川市泉市民体育館
    11:00 リガーレ東京(関東3位) vs 順天堂大学ガジルjfc(千葉2位)
    13:00 烏天狗インペリオ浦和FC(埼玉) vs 三栄不動産FC宇都宮(栃木)
    15:00 BFCコーワ群馬(群馬) vs YSCCフットサル(神奈川)
    17:00 フトゥーロ(東京3位) vs コロナFC/権田(関東2位)
 

  <準々決勝>1月30日(土) 駒沢体育館 <準決勝・決勝・3位決定戦>1月31日(日) 駒沢体育館


 

 



(写真/記事:中根高磁 金子保子)   


                                  LoveFootball.jp トップページへ

戻る



Fリーグ順位表

順位 チーム 勝点 得失
1 → team logo 名古屋
オーシャンズ
19 +26
2 → team logo 湘南
ベルマーレ
15 +14
3 → team logo シュライカー
大阪
14 +11

2017年7月15日時点

6.22 開幕戦インタビュー
6.9 プレーオフFINAL2
6.8 プレーオフFINAL1

詳細→

関東リーグ順位表

順位 チーム 勝点 得失
1 → ロンドリーナ 15 +8
2 → ゾット早稲田 12 +10
2 → リガーレ東京 12 +10

2017年7月17日時点

7.7 2節 カフ-リガーレ
7.4 開幕 ファイルvsゾット
6.29 開幕 マルバ-柏

詳細→

お知らせ

お知らせ
ラブフットボールは、 2016シーズンより活動を 縮小させて頂いております。 ご理解の程 宜しくお願い申し上げます。