第21回全日本フットサル選手権
 1次ラウンド Aグループ 3月6日 静岡県エコパアリーナ


  フウガドールすみだvs徳島ラパス

  ともに2連勝で3日目を迎えた両チーム。
  得失点差ではすみだが上回っているため引き分けだとすみだが勝ち抜けとなる。
  この対戦は昨年の1次ラウンドでも対戦があり6-1ですみだが勝利。
  Fチャレンジリーグに今シーズン加入したラパスにとって1年の進歩を計るカードとなる。
  
 昨年まで現役選手でもあったラパス佐賀監督。練習では自ら球出しして選手を鼓舞する。 
 LoveFootball.jp

 前日深夜2時まで同じグループでチャレンジリーグの先輩でもある柏トーア奈須監督とすみだ対策を練ったという佐賀監督。
 ラパスの力はすみだにどこまで通用するか?
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 2連勝して一騎打ちに持ち込んできたラパスに対し油断はないというすみだ。
 LoveFootball.jp

 すみだキックオフでエンドラインへロングボール、宮崎(すみだ6)がヘッドで落とし↓
 LoveFootball.jp

 中央の太見(すみだ8)がダイレクトボレーを決める!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 なんと開始5秒の先制点! すみだがいきなりFの速さを見せつける。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 さらに1分後、中央で太見(すみだ8)がディフェンスを引きつけてから↓
 LoveFootball.jp

 諸江(すみだ4)が折り返し↓
 LoveFootball.jp

 なんなく岡山(すみだ16)がゴールへ押し込む。
 LoveFootball.jp

 早くもすみだ2点目。2-0。
 LoveFootball.jp

 いきなり劣勢に立たされたラパス。キャプテン武田(No.8)必死のプレー。
 LoveFootball.jp

 しかしさらに1分後、右サイドから反転した清水(すみだ11)のグラウンダーのシュートがゴール右下に決まる。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 開始2分ちょっとで3点。すみだはスタートのラッシュでラパスを圧倒する。
 LoveFootball.jp

 その後もすみだがほぼ相手陣で試合を進める。
 LoveFootball.jp

 6分、左サイドを上がった岡山(すみだ16)をスライディングで止めに行くが↓
 LoveFootball.jp

 切り替えしてかわし、左足シュートをサイドネットに決める!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 これがすみだの本当の力か。顔が青くなるラパス。
 LoveFootball.jp

 しかしまだすみだは攻撃の手を休めない。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 攻めざるを得なくなったラパスにさらにカウンターを仕掛ける。
 LoveFootball.jp

 11分、左サイド太見(すみだ8)から右前方へ↓
 LoveFootball.jp

 駆け上がった岡山(すみだ16)が難なくゴールを決める。
 LoveFootball.jp

 これで5-0。まさかこれほど早くこんな大差が付くとは。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 まだすみだ優勢だが、10分を過ぎて試合が落ち着いてきた。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 18分、すみだゴール前で田中(ラパス6)が競り合い↓
 LoveFootball.jp

 倒されてフリーキック獲得!
 LoveFootball.jp

 キッカーは武田(ラパス8)。
 LoveFootball.jp

 壁を巻いて直接決める!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 ようやく奪った1点。喜びながらも複雑な表情を浮かべるキャプテン武田。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 しかし前半終了間際。諸江(すみだ4)のゴールで6-1。
 LoveFootball.jp

 さらに太見↓
 LoveFootball.jp

 宮崎↓
 LoveFootball.jp

 金川とつないで7-1。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 すみだが圧倒して前半を終える。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 後半に入り何とか成果を出そうと抵抗するラパス。
 LoveFootball.jp

 しかし26分、西谷のゴールで8-1。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 28分、宮崎のゴールで9-1。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 36分、田口のゴールで10-1。
 LoveFootball.jp

 40分、曽根のゴールで11-1。
 LoveFootball.jp

 今期限りで退団の曽根。チームメートに祝福される。
 LoveFootball.jp

 11-1で試合終了。すみだがFの強さを強烈に示したゲームだった。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 徳島ラパスはFチャレンジリーグ1年目のシーズンを終えた。沢山の経験を持って四国に帰る。
 LoveFootball.jp

 徳島ラパス佐賀監督にこの試合と今シーズンを総括して頂きました。
 LoveFootball.jp
<Q.試合前に攻めていきたいと言っていましたが大差がついてしまいました。>
見事に打ち砕かれてしまいました!でもウチはクアトロで1年間やってきたので、守りに行って敗れてしまうと何も残らないので、パス回し、ライン管理をビビらずにチャレンジしましたし、もっとプレスも掛けたかったのに個人戦術ですぐに剥がされてしまいましたけど、でも果敢に挑んだ結果がこれなので、11-1で10点差ですが、いい10点差だったかなと思います。
<Q.昨年は6-1でしたが、フウガの力の出し方が違いましたからね?>
そうですね。予選敗退が決まってしまってからフウガとやるのと、2連勝で予選突破を掛けてやるのとでは違いますからね。2連勝同士という状況で戦って、フウガが昔オーシャンズ相手に起こしたような奇跡を起こせればと思いましたし、フウガの須賀監督にも試合前に、そういうつもりで戦いますって言っていたんですけど、まあ敗れましたがそういう話が出来る状況を作れたことがまずは良かったのかなと思います。
<Q.泣いていた選手もいましたね?>
私自身はラパスに来たのは今期からなのですが、選手たちは昨年6-1だったのもあるし、自分たちが成長してきた自信もあったと思うので、もっとやれると思っていたと思います。それとこれを最後にチームを去るかもしれない選手もいるので、もっといい試合で終わりたかったという思いもあったと思います。でもフウガと2勝同士で当たれて、少なくとも立ち上がりは本気のフウガだったと思うので、それを体感できたのを財産にしてほしいと思います。
<Q.今大会を振り返ると成果はありましたか?>
それは凄くあったと思います。Fリーグも9年目になって、地域のチームとの力の差がさらに離れていると思うんですが、であるからこそ僕らは地域でもっとダントツにならなければFに勝てないと思いますし、四国ではラパスは無敵っていう状態を作らなければいけないと思っています。それとFのチームともっと試合をして、B級ライセンスを取りに行った時につながりの出来た木暮監督との関係でシュライカーと練習試合させてもらったりしたこともあるんですが、そういう機会をもっと増やしたいと思いますし、でも今回フウガとの対戦でスピードもフィジカルも個人戦術も想像以上の力がFにはありましたから、この経験を持ち帰って、来年また成長してチャレンジを繰り返して、いつかFに追いつけるようにしっかり練習してきたいと思います。
<Q.今期チャレンジリーグに参加したことは大きかったですか?>
それはもう本当に大きかったです。F・DOさん、柏トーアさん、ビークスさん、どのチームも私たちから見たら格上だと思っているんですが、そういったチームとやる1試合2試合が四国にいる1年分にも匹敵する経験を得られていると思いますし、それがなければこの場にも立てていないと思います。そしてチャレンジリーグで優勝できるようになって初めてFにチャレンジできるようになるのかな、と思います。
<Q.しかし今大会の結果を見ても、四国のフットサルとしては成果を示せたのではないですか?>
そうですね。九州にも関東にも勝ってというのは今までの四国にはなかったことだと思いますし、四国も全国で戦えるぞ、というものを残せたのかなと思います。
<Q.ラパスの経験は他の四国のチームにも影響しますか?>
させなければいけないですよね。僕も他の地域で指導者クリニック受けたりするんですが、四国では僕がクリニックを開いたりする予定もあります。それと僕らは四国でまだ負けることがあるので、「チャレンジリーグで戦っている、選手権でもそこそこ勝てるラパスに、僕ら四国のチームもたまには勝てるじゃん」って今はなっていると思うんです。それで満足してもらっては困るので、まずは僕らがもっと強くなって、四国ではどうやってもラパスには勝てないっていうチームにして、どうしたらラパスに勝てるんだろうって思って欲しいんですよね。まずそこがスタートで、それぐらいにならないとフウガみたいに地域チャンピオンズリーグ5連覇とか出来ないと思うので、そういったレベルを目標にもっともっと努力していきたいなって思います。
 
  
 フウガドールすみだ須賀監督にこの試合と準々決勝町田戦についてお聞きしました。
 LoveFootball.jp
<Q.2連勝同士ということで集中して試合に入ったと思うのですが、開始5秒の先制点、あれは監督の指示したプレーでしたか?>
いやあれは彼ら選手の今日はこういったプレーで勝つぞ、という意欲から出たプレーですね。
<Q.今回関東リーグ時代から昨年までのセット(太見/宮崎/金川/諸江)で沢山点を取っていたように思いますが、地域リーグのチームにはあのセットが有効と考えたのですか?>
そうですね。彼らは数年間かけて構築してきた攻撃と守備で一つの形を持っていますので、こういったやることをはっきりさせなければいけない大会では有効なセットだと思っています。
<Q.決勝ラウンドでも使う可能性はありますか?>
相手がいることなので、相手に応じてセットを組める柔軟性が重要だと思っていますので、町田との試合をもう一回スカウティングして考えたいと思います。
<Q.他のグループと違い、勝ち抜けば準々決勝は町田と決まっていたわけですが?>
当然、町田もウチを念頭において準備していると思いますし、こちらも町田は意識していましたけど、1次ラウンドを勝ち抜かないと始まらないことなので、頭には置いていましたけど、過度なスカウティングはまだしていないですね。これからの1週間でしっかりチームに浸透させたいと思います。
<Q.今シーズン町田とは、リーグ戦では1勝2敗、それと順位決定戦では勝利して通算2勝2敗ですが、町田に対してのイメージはいかがですか?>
町田は攻撃の形を持っていて自分たちの戦い方を崩さない安定した戦いをします。そこにイゴール選手の守備も堅いという非常にマネージメントされたチームという印象ですね。
<Q.選手権は14人ベンチに入れますが、そこは利用して行こうという考えですか?>
そうですね。見えない怪我をしている選手もいますので、そこの管理も含めて14人を活用して、ウチは14人全員がピッチに立てるポテンシャルがあると思いますし、選手層の厚さも生かしていきたいと思います。


 


 


 ※この記事は無料公開でしたが、会員登録で活動のご支援を頂けますよう、どうぞよろしくお願い致します。



(写真/記事:中根高磁)   


                                  LoveFootball.jp トップページへ

戻る



Fリーグ順位表

順位 チーム 勝点 得失
1 → team logo 名古屋
オーシャンズ
37 +47
2 → team logo フウガドール
すみだ
33 +23
3 → team logo ペスカドーラ
町田
32 +19
4 → team logo 府中
アスレティックFC
32 +14
5 → team logo 湘南ベルマーレ 30 +19
6 → team logo シュライカー
大阪
27 +19
7 → team logo バルドラール
浦安
18 -3
8 → team logo アグレミーナ
浜松
13 -14
9 → team logo エスポラーダ
北海道
12 -24
10 → team logo バサジィ大分 9 -28
11 → team logo ヴォスクオーレ
仙台
9 -35
12 → team logo デウソン
神戸
7 -37

2017年9月10日時点

トップへ→

  • Fリーグ
  • エスポラーダ北海道
  • ヴォスクオーレ仙台
  • バルドラール浦安
  • フウガドールすみだ
  • 府中アスレティックFC
  • ペスカドーラ町田
  • 湘南ベルマーレ
  • アグレミーナ浜松
  • 名古屋オーシャンズ
  • シュライカー大阪
  • デウソン神戸
  • バサジィ大分