第21回全日本フットサル選手権
 1次ラウンド Bグループ 3月6日 静岡県エコパアリーナ


  ミキハウス vs コロナFC/権田

  1次ラウンドBグループ3日目。
  浜松に勝利したものの北海道に破れ1次突破の可能性のなくなったミキハウスと
  初の選手権で北海道に完敗、浜松には接戦だったが2連敗の権田。
  関東リーグと関西リーグを代表する超攻撃的両チームの初対決。

 1勝して帰るぞ!と意気込む関東第1代表の権田。
 LoveFootball.jp

 Fリーグ勢に1勝1敗。しかし得失点が-2となり1次突破が出来なくなってしまったミキハウス。
 LoveFootball.jp

 権田は相手陣で回してポジェッションで圧倒するスタイル。
 LoveFootball.jp

 ミキハウスはピヴォ当てからどんどん前を向いてシュートを放つ。
 LoveFootball.jp

 「点を取られたらそれ以上に取るだけ。」が信条の両チーム。試合開始。
 LoveFootball.jp

 立ち上がりから権田がラッシュを仕掛ける。
 LoveFootball.jp

 山村朋也(権田14)のパスから↓
 LoveFootball.jp

 江成(語hんだ19)がボレーで合わせる!
 LoveFootball.jp

 が、GKが弾いてDFがクリア。
 LoveFootball.jp

 その後も権田が立て続けにシュートを放つ。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 最初の2分で5本以上のシュートを放った権田。
 LoveFootball.jp

 しかし3分、ミキハウスのカウンター、右の大畠(ミキハウス7)が内に切れ込んで↓
 LoveFootball.jp

 左の塩谷(ミキハウス8)が決める!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 ミキハウス先制! 1-0。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 さらに5分、最前線でボールを奪ったミキハウス。野口(ミキハウス18)が押し込んで2-0!
 LoveFootball.jp

 確実にチャンスをものにしてミキハウスが主導権を握る。
 LoveFootball.jp

 攻めているのにリードを奪われた権田。これ以上離されまいとさらに攻める。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 だが7分、またカウンターから安光(ミキハウス15)が中央で引きつけ↓
 LoveFootball.jp

 馬場(ミキハウス34)が左から冷静に決める!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 なんと早くも3点目。3-0とミキハウスがリードを広げる。
 LoveFootball.jp

 たまらずタイムアウトを取る権田。3-0と圧倒される内容ではない。反撃できるか?
 LoveFootball.jp

 気持ちを切らさず攻撃を続ける。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 12分、大場のパスから右サイドを江成(権田19)が突破して折り返し↓
 LoveFootball.jp

 中央でフリーになった大場(権田20)が押し込む!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 ようやく権田の攻撃が報われた。1点返し3-1。
 LoveFootball.jp

 さらに激しく権田が攻め込む。が、ミキハウスGK村島のセーブで2点目は許さない。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 前半終了間際、ミキハウスが6ファール。
 LoveFootball.jp

 キッカーは山村和士(権田11)↓
 LoveFootball.jp

 このシュートもGK村島が止める!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 ここで前半終了。3-1。
 LoveFootball.jp







 権田のシュート数はミキハウス13本を大きく上回る27本。前半のうちにもう1点追い上げたかった。
 LoveFootball.jp

 リードしているとはいえ攻め込まれたミキハウス。後半戦い方に変化はあるか?
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 後半も権田は変わらず前プレから攻撃を仕掛ける。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 ミキハウスも両サイドを利用して前半より攻撃的になり、攻め合いとなる。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 33分、ミキハウスの攻撃↓
 LoveFootball.jp

 を守って権田のカウンター↓
 LoveFootball.jp

 左サイドを花田(権田13)が上がって↓
 LoveFootball.jp

 押し返しを朏島慎吾(権田10)が決める!
 LoveFootball.jp

 権田追い上げ弾! 前半12分以来の得点で3-2。
 LoveFootball.jp

 残り7分。あと1点。権田は追いつけるか?
 LoveFootball.jp

 ミキハウスも前に出る圧力を強める。体を張り合うギリギリの攻防。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 残り3分を切り、また花田(権田13)が左サイドから↓
 LoveFootball.jp

 折り返したボールを↓
 LoveFootball.jp

 朏島賢佑(権田7)が蹴りこむ!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 3-3! 攻めまくった権田。3-0から残り2分40秒、ついに同点に追いつく!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 ここで追いついた権田がタイムアウト。当然守りに行かない。勝ちに行く。
 LoveFootball.jp

 この2チームならこのまま引き分けで終わる可能性は少ない。決勝点はどちらに?
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 残り1分ちょっと、田中(ミキハウス10)のキックインから↓
 LoveFootball.jp

 逆サイドに入ってきた稲田(ミキハウス9)がゴールに蹴り込む!
 LoveFootball.jp

 ミキハウス勝ち越し! 4-3。同点から貴重な勝ち越し点を奪ったのはミキハウス!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 もう時間がない。権田、再度追いつけるか?
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 残り30秒、キャプテン山村朋也がパワープレーに出る。
 LoveFootball.jp

 最後の攻撃。小池(権田28)のシュートも止められる!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 タイムアップ! 4-3。ミキハウスが激闘を制す!
 LoveFootball.jp

 75本のシュートが飛び交い、3-0から権田が一旦追いついた大熱戦。大きな拍手が送られた。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 権田は接戦を2試合演じたが、初めての全国挑戦は3敗に終わった。
 LoveFootball.jp

 攻め込まれたが追いつかれた後、気持ちを切り替えて決勝点を奪ったミキハウス。一日の長があったか。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 関東随一の攻撃的フットサル。権田のこの経験はさらなる成長の糧となるか。
 LoveFootball.jp

 ミキハウスは2勝1敗。1次突破はならなかったが、またもFに劣らぬ強さを見せたミキハウスだった。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 コロナFC/権田・鈴木監督にお話をお聞きしました。
 LoveFootball.jp
<Q.惜しい勝負でした!>
そうですね! リーグ戦の時からいつもスロースターターで、今日もスローの間に3失点してしまい、それがなくなればもう一つ上のステージに行けるのかなと思いました。今日の試合に関しては気持ちも入っていて良かったと思いますが、ゲームは生き物なのでどれだけ相手の時間帯に点を与えず、自分たちの流れの時に点を奪えるかだと思います。あれだけ攻めても点が入りませんでしたから、もちろん相手の守備の集中力が高かったのもありましたが、自分たちのミスで決めきれないところも多かったので、そこを修正していけないとさらにレベルアップは出来ないのかなと思います。
<Q.追いついたあとの最後の失点も、さらに攻めに行こうというタイミングでした。>
行くぞ行くぞという気持ちになっている時にどれだけ冷静になれるかというのも大事ですよね。関東2部から1部に上がった時に一番感じたことは、サイドからのクロスに対してパスコースを切ってるつもりなのに思っているより早くそこに飛び込んで来られたりパスが抜けていって失点したことが多かったことなのですが、今日も最後はそのウィークポイントにやられた形になりましたね。
<Q.でも今日は3戦目にして初めて権田らしい戦いができたのではないですか?>
権田としては初の全国大会で、やるぞやるぞ、という気持ちになっていたのですが、ミキハウスさんなどは全国大会にも慣れていて、ちょうど今朝、少し時間があったので町に出てみたら、ミキハウスの皆さんが楽しそうに観光している様子を見かけたんですね。僕らはフットサルのことだけ必死に考えていたんですが、3日間というのは短いようで結構長いので、経験のあるチームはリフレッシュする方法も考えているんだなと思いました。
<Q.今回Fの強さを体感したり、逆に今日のように3点差を追いついたりと、収穫はあったのではないですか?>
収穫は大いにあったと思うんですが、出来るはずのことをできなかったという面も多かったので、本来の自分たちを再確認できた大会だったかなと思います。来期に向けて自分たちの力をしっかり出していくにはどうしたらいいかを考える良い機会にもなりました。
<Q.今シーズンすべてを振り返ると感想はいかがですか?>
選手権では全国に行くことができましたし、リーグ戦も3位でしたから、1部昇格1年目としてはチームの掲げた目標をおおよそ達成できたシーズンだったと思います。ただリーグ後半の失速がなければ優勝や地域CLにも出れていたと思いますし、その失速の要因は「権田は引いて守れば勝てる」って考えてられて実行されたからだと思うんですね。これは来期の前半にも影響すると思うので、自分たちのスタイルを変えることなく、そのイメージを崩していくことが大事なんだと思います。引いて守るチームをどんどん打ち破っていくことが、リーグ終盤や全国大会への経験になりますし、「権田相手に引いて守っていてもやられるだけだ」って思われるような状態に持っていきたいですね。それと僕らは常に面白いフットサルを見せたいと思っているので、今回の敗戦でも自分たちのスタイルを変えることなく、それを貫くことへの試練だと思って来期に向けて頑張りたいと思います。
 

 ミキハウス・高橋監督にお話をお聞きしました。
 LoveFootball.jp
<Q.今日の試合は勝ちましたが、内容には不満のあるゲームだったのではないでしょうか?>
そうですね。まず、代々木(決勝ラウンド)には行けない状況になってのゲームだったので、モチベーションの問題もありましたし、なによりも疲労の蓄積が目に見えてあったゲームでした。今日は1stセットの塩谷と2ndセットの野口がもう足を痛めていて本当は出す予定ではなかったんですが、序盤に点を取るまではと考えて出しました。
<Q.先週の地域CLから連続でしたからね。しかし3-0からから権田に押し込まれてしまったのは本位ではなかったと思うのですが?>
まあ相手は4枚で回してきますので、ある程度回されるのは仕方がないと思うんですが、どの時点でボールを取りに行くのかを明確にできずかなり動かされました。早い時間に3-0になって少し安心してしまったかなと思います。僕らも昨日の試合が終わったあと「明日も応援しています」という声を多く頂いていましたし、ただの消化試合にしたくなったので、最後は勝点6を持って帰ることができて良かったと思います。
<Q.終盤また前プレが掛かって攻めるシーンが増えましたが、監督の指示だったのですか?>
前プレというのは常にウチの基本なわけですが、相手の状況によって掛けに行ってはいけない時もあって、その判断はボールに一番近い選手が1年間かけて経験を積んできたものなんですが、今日はそのバランスが悪かったですね。ボールに一人目が行けていないのに2人目3人目がビタッと付くとか、ボールには行けてるのに2人目が行けていないとか、疲労もあってか判断が良くない状態だったので、それを早く改善させたかったんですが、思った以上に相手の11番(山村和士選手)とかが横に動いてかき回してきたので、すぐには上手くいかなかったですね。厳しい試合になりました。まあGKの村島が良く止めてくれたのでそれも良かったですね。
<Q.権田の鈴木監督が、今朝ミキハウスの選手が町で観光している所に出会って、リフレッシュしているんだなと感じたらしいのですが、いつもそのような行動をしているのですか?>
一日の中で試合は1試合なので、折角遠い所まで来ているので会場に入る前まではメリハリつけてリフレッシュしようということにしていますね。まあ観光というほどではなくお散歩くらいですけどね。(笑)
<Q.やはりそういった時間を作ったほうが経験上うまくいくとお考えなのですね?>
選手権などの時だけでなく、関西リーグでも会場についたら少し周辺を選手たちで歩くようにしています。まあコミュニケーションを取る手段の一つですね。
<Q.ミキハウスとしては当然決勝進出を目指した1次ラウンドだったと思いますが?>
エスポラーダさんに3点差で負けてしまったこともそうですが、初戦でアグレミーナさんに5-2になったあと、まだ点が取れそうだったのに(そこから追い上げられて結果7-6で)1点差になってしまったのが痛かったです。あのまま7-8点取って5点差くらいでエスポラーダさんに挑みたかったですね。3つ巴になったときに得失点差では不利になったので、エスポラーダさんにも勝点を取りに行かなければならなくなったのがプラン外でした。それでも今日、関東を勝ち抜いてきた相手なので簡単ではないと思いつつも、やはり厳しかったですが、いろんな選手を出して勝つことができたので、最後は良かったかなと思います。







 ※この記事は無料公開でしたが、会員登録で活動のご支援を頂けますよう、どうぞよろしくお願い致します。




(写真/記事:中根高磁)   


                                  LoveFootball.jp トップページへ

戻る



Fリーグ順位表

順位 チーム 勝点 得失
1 → team logo 名古屋
オーシャンズ
37 +47
2 → team logo フウガドール
すみだ
33 +23
3 → team logo ペスカドーラ
町田
32 +19
4 → team logo 府中
アスレティックFC
32 +14
5 → team logo 湘南ベルマーレ 30 +19
6 → team logo シュライカー
大阪
27 +19
7 → team logo バルドラール
浦安
18 -3
8 → team logo アグレミーナ
浜松
13 -14
9 → team logo エスポラーダ
北海道
12 -24
10 → team logo バサジィ大分 9 -28
11 → team logo ヴォスクオーレ
仙台
9 -35
12 → team logo デウソン
神戸
7 -37

2017年9月10日時点

トップへ→

  • Fリーグ
  • エスポラーダ北海道
  • ヴォスクオーレ仙台
  • バルドラール浦安
  • フウガドールすみだ
  • 府中アスレティックFC
  • ペスカドーラ町田
  • 湘南ベルマーレ
  • アグレミーナ浜松
  • 名古屋オーシャンズ
  • シュライカー大阪
  • デウソン神戸
  • バサジィ大分