オーシャンカップ・神戸フェスタ2015
 7月20日 グリーンアリーナ神戸


  FK Nikars Riga vs エスポラーダ北海道

 オーシャンカップの3位決定戦は、準々決勝で大阪に勝利し、準決勝で府中に敗れた北海道と
 準々決勝で町田に勝利し、準決勝で名古屋に敗れたラトビアのFK Nikars Riga(以下ニカラス)の対戦。

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 試合は開始直後から北海道ペース。
 LoveFootball.jp

 ボールを回し次々にゴール前にボールを供給する。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 しかしニカラスもフィジカルの強さを活かした守備でゴールを割らせない。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 ニカラスはカウンター狙い。決定力はあるので怖さはあるが、北海道もラストパスは入れさせない。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 早く1点が欲しい北海道。さらに激しく攻める。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 18分26秒には2枚目のイエローでニカラスが一人退場。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 一人多くなった北海道だが、前半は0-0のまま終わる。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 後半も最初の26秒は一人多い北海道。本田(北海道18)からボールを回し↓
 LoveFootball.jp

 左の室田祐希(北海道7)がミドルシュートを決める!
 LoveFootball.jp

 北海道がようやく先制!サポーターに手を上げる室田祐希。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 先制され、ニカラスも攻めに出始める。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 しかし北海道の守備も崩れず、追加点は取れないがリードを保って終盤へ。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 北海道の勝利も近くなった、と思った38分、ニカラスが左サイドからボールを入れ↓
 LoveFootball.jp

 ゴール左で受けたヤニス・パスタルズ(ニカラス2)のシュートがゴールに入ってしまう!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 ずっと劣勢だったFKニカラス。残り2分で同点に追いつく。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 3位決定戦は延長はない。後半終了後はいきなりPK戦。それも3対3で決着をつける。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 互いに3人目までは外さない。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 3-3でサドンデスの4人目へ。
 LoveFootball.jp

 しかし北海道4人目、上貝は外してしまう。
 LoveFootball.jp

 ニカラスの4人目は決め、ニカラスの3位が決まる!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 ニカラスは町田戦に続いて劣勢の試合を引き分けに持ち込んでPK戦で勝利!勝負強いチームだった。
 LoveFootball.jp

 北海道は攻めながらも敗れて4位。けが人も出るなか健闘したが、最後は2連敗。悔しさを噛み締めてリーグ戦へ戻る。
 LoveFootball.jp

 北海道・小野寺監督のコメント
 LoveFootball.jp
この大会に呼んでいただけたことに心から感謝したい。このような記念事業に呼ばれて、僕たちもだらしない試合はできないと思ったし、一生懸命ここまで来た。残念ながら最後はPK戦で敗れてしまうという結果に終わったが、自分たちの目指すところ、落ち着いてゲームを運ぶというところはできたと思う。ただ、この大会を通じて得点力・決定力でチームとしての反省点、決めるところで決めていればという場面が準々決勝・準決勝・3位決定戦とあったと思うので、そういう部分も解消しなければいけない。ただ、通常のリーグ戦とは違い、一発勝負の中で選手が厳しく激しくアグレッシブに、そして、エスポラーダらしく戦ってくれたことによって、その課題点を感じることができたと思う。選手たちに本当に感謝したいと思うし、我々にとって実りあるものだったと感じている。また今後のリーグ戦に生かしていけるように頑張りたいと思う。


 北海道・キャプテン高山選手のコメント
 LoveFootball.jp
今のメンバーで勝ちに行った試合だっただけに、非常に悔しく思っている。ただ、フィジカルコンタクトの強い相手に最後まで戦うことができたのは、今後に向けて良い収穫になった。この短い期間で5試合というハードなスケジュールだったが、またすぐにリーグ戦が待っているので、そこに向けてチームとして良い準備をして、今大会の借りを返せるようにしたいと思う。
Q.今日の相手のフィジカルコンタクトの部分はリーグでは感じられないくらいの強さだったか?
Fリーグのチームにはない球際の強さだったり、当たった後にも手が出てくるという部分で、まともにやり合ってしまうと怪我をしてしまうという話を試合前からしていた。日本のチームであそこまでやってくるところはないと思う。またこういう機会があれば、今日のように体を当てる前にというか、僕らの特徴でもあるスピードを生かして、当たりの激しさをどう潜り抜けるか、が大事だと思うので今後に活かしたいと思う。




   北海道はリーグ戦次節、7月26日(日)アウェーで名古屋と対戦します。



(写真:大関朋美)  


                                  LoveFootball.jp トップページへ
 

戻る



Fリーグ順位表

順位 チーム 勝点 得失
1 → team logo 名古屋
オーシャンズ
19 +26
2 → team logo 湘南ベルマーレ 15 +14
3 → team logo シュライカー
大阪
14 +11
4 → team logo 府中
アスレティックFC
13 +8
5 → team logo フウガドール
すみだ
11 +9
6 → team logo ペスカドーラ
町田
10 +5
7 → team logo アグレミーナ
浜松
6 -5
8 → team logo エスポラーダ
北海道
6 -9
9 → team logo バルドラール
浦安
5 -4
10 → team logo デウソン
神戸
5 -19
11 → team logo バサジィ大分 4 -16
12 → team logo ヴォスクオーレ
仙台
0 -20

2017年7月15日時点

トップへ→

  • Fリーグ
  • エスポラーダ北海道
  • ヴォスクオーレ仙台
  • バルドラール浦安
  • フウガドールすみだ
  • 府中アスレティックFC
  • ペスカドーラ町田
  • 湘南ベルマーレ
  • アグレミーナ浜松
  • 名古屋オーシャンズ
  • シュライカー大阪
  • デウソン神戸
  • バサジィ大分