SuperSports XEBIO Fリーグ 2016/2017
 第6節 7月22日 町田市立総合体育館

  ペスカドーラ町田 vs バルドラール浦安

  まだ波に乗り切れない8位町田と6位浦安の対戦。
  町田はいよいよイゴールが怪我から復帰し今季初出場。
  浦安は加藤竜馬がFリーグ100試合出場達成。
  節目の試合に勝利し、上位浮上のきっかけを作るのはどちらか?

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 浦安をテクニカルディレクターとして見守る高橋健介。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 湘南から浦安に[復帰]のシーズンを迎えている小野大輔。
 LoveFootball.jp

 町田での初ゴールが待たれる室田祐希。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 今季初の祈りを捧げるイゴール。
 LoveFootball.jp

 立ち上がりは浦安が攻め込む。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 しかし徐々に町田がポジェッションする時間が長くなる。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 6分、室田がボール奪取からドリブルで持ち込み↓
 LoveFootball.jp

 GKを引き出して右サイドの原へ↓
 LoveFootball.jp

 原が再度折り返し↓
 LoveFootball.jp

 しかし正面で室田のシュートは枠を外してしまう。待望の移籍後初ゴールはならず。
 LoveFootball.jp

 さらに攻める町田。9分、原に加藤が足を掛け↓
 LoveFootball.jp

 町田がゴール前でFK獲得↓ 
 LoveFootball.jp

 これを横江が直接叩き込む!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 町田先制! 1-0。
 LoveFootball.jp

 横江今季4点目。
 LoveFootball.jp

 反撃を仕掛けたい浦安。
 LoveFootball.jp

 しかし町田のプレスが激しい。なかなかフィニッシュまで持っていけない。
 LoveFootball.jp

 町田は森谷が何度もチャンスを作る。GK藤原との1対1↓
 LoveFootball.jp

 ここは藤原がセーブ。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 前半終盤に入り、浦安がようやく流れを取り戻す。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 前半残り59秒、中島からの縦パスで小野が抜け出て、GKの脇を抜く!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 小野のゴールで同点!浦安が追いつく!
 LoveFootball.jp

 小野は今季早くも5点目!
 LoveFootball.jp

 前半、町田が押し気味に進めていたが、1-1となりハーフタイム。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 後半開始。早い時間に試合が動く。
 LoveFootball.jp

 開始50秒、浦安パス回しに詰め寄って中井がゴールに蹴り込む!
 LoveFootball.jp

 町田がいきなり勝ち越し! 2-1。後半も町田ペースか?
 LoveFootball.jp

 しかし直後、荒牧が倒され浦安が間接FKを獲得↓
 LoveFootball.jp

 荒牧が蹴ったボールはディフェンスに当たりゴールに吸い込まれる!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 浦安がオウンゴールで同点に追いつく! 2-2。
 LoveFootball.jp

 さらに浦安。深津の突破から右サイドの小野へ↓
 LoveFootball.jp

 フリーの小野だったがシュートは浮かせてしまう。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 30分、町田のキックイン↓
 LoveFootball.jp

 逆サイドへのパスを中井がダイレクトでネットに叩き込む!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 中井の豪快なゴールで3-2。三たび町田が勝ち越しに成功!
 LoveFootball.jp

 残り10分、リードを許した浦安が町田を攻め立てる。
 LoveFootball.jp

 深津のシュートはイゴールが弾く!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 町田もイゴールだけに頼らず厳しいディフェンスを見せる。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 35分、滝田から左前方へパス↓
 LoveFootball.jp

 上がって行った室田のループシュートは↓
 LoveFootball.jp

 GK藤原が腕に引っかける!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 さらに36分、右サイドを抜けた中井がふわりと浮かせたクロス↓
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 逆サイドに飛び込んだ原が体ごと押し込む!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 4-2! 町田に貴重な追加点! 残り4分で2点差に。
 LoveFootball.jp

 浦安は作座にタイムアウトを要求。
 LoveFootball.jp

 中島をGKにしてパワープレーで勝負に出る。
 LoveFootball.jp

 さっそく小野がシュート↓
 LoveFootball.jp

 加藤が飛び込むがイゴールがナイスキャッチ!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 38分、ゴール前に詰めた小野が倒され浦安FKの大チャンス!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 これをイゴールが体を張ってブロック!
 LoveFootball.jp

 こぼれ球のシュートもまた止める!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 「5mより前に出たでしょ!?」と浦安・米川監督猛抗議。終盤に来てさらにゲームは白熱。
 LoveFootball.jp

 ここに来てイゴールの見せ場が続く。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 残り37秒、飛び出したイゴールがハンドを取られる!浦安またもゴール直前でFK。
 LoveFootball.jp

 これは滝田が背中でブロック! これで町田の勝利は決まったか?
 LoveFootball.jp

 そころが残り28秒。小宮山が飛び込んでゴールネットを揺らす!
 LoveFootball.jp

 4-3! あと1点! しかしもう時間がない。
 LoveFootball.jp

 タイムアップ! 浦安最後の猛攻も追いつけず。町田が今季3勝目を挙げる!
 LoveFootball.jp

 町田の3勝はすべてホーム。浦安と入れ替わり6位に浮上した。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 先制点の横江怜。
 LoveFootball.jp

 2得点1アシストの大活躍だった中井健介。
 LoveFootball.jp

 イゴール復帰戦を勝利で飾った町田。いよいよ上位追撃の幕開けとなるか?
 LoveFootball.jp

 浦安・米川監督のコメント
 LoveFootball.jp
今日は町田相手に空いているスペースを消すというという対策をしました。最初は慣れいないところもあり背後のスペースを上手く使われてギリギリのところで守ったということもありましたが、流れの中からの失点はそんなにしてないので、ある程度はイメージ通りでした。
 とは言え、警戒していたFKのブラインドやセットプレー、2失点目に関してはカウンターからの失点で、こちらから見るとファールがあったのではないかと一瞬止まった印象もあった。こっちでジャッジしては良くないと思うが、今日の審判のジャッジに関してはバラつきが多かったのかと思う。試合をする上で審判はどういう試合をするチームかは分かっていると思うし、誰がどういう選手でどういうプレーをするかというのはある程度頭に入れておかないとジャッジにバラつきが出ると思う。ファールを取るところはしっかり取らないとゲームが終わってしまうのではないかと思う。壊れてもおかしくない試合だった。もう少ししっかりしたジャッジをしてほしい。
 とは言え、勝ち点が取れなかったのは非常に残念だし、来週は2週間で3試合戦うので、しっかりコンディションを整え準備したいと思う。
<Q.今シーズン初対戦だった町田の印象は?>
町田の印象は例年通りだが、イゴールがいるのといないのではディフェンスの信頼感は違うと思う。イゴールが戻ってきて安定感は増すと思うので、これから勝ち星を重ねるでしょう。森岡選手が戻ってきて攻撃力が増せば脅威になるチームだと思う。
<Q.2回追いつきはしたが、勝ち越し点が奪えなかった攻撃陣をどう見ているか?>
町田の印象とうちの印象を皆さんがどう見ているかわからないが、どちらも強靭なピヴォや、突破できるアラなど、突出した選手がいるわけではなく、しっかりパスを積み重ねてゴールまで行くという印象だと思う。お互いがそういう進め方をしていて、カウンター、セットプレー、ボール回しで探り合いからどっちに転ぶか、どっちがチャンスを多く作るかという感じだったと思う。どっちに転ぶか分からない試合だったと思うが、自分たちはもう少し制度を上げて攻撃を積み重ね、あらゆる手法でゴール前まで進めるようにトレーニングをしていく必要があると感じました。

<浦安・藤原選手のコメント
LoveFootball.jp
スカウティングで言われていたFKに対しての対応は、ブラインドに入ってくるのはわかっていたが、そこから失点してしまったことが悔やまれる。2点目に関しては、あまり言いたくないが、中島孝がキープしようとした瞬間に、相手もボールを奪おうとして足を刈っていたようにも見えたが、そこの部分でファールを取ってもらえなかったのは仕方がないのかなと思う部分もあるし、一瞬足が止まってしまったので。微妙な判定だったと思う。しかし笛が鳴るまでプレーし続けなければいけなかったと思う。
 僕らは負けているので、これを言っても負け惜しみにしかならないのであまり言いたくないが、色々な審判の方がいるので、その時の審判に合わせてプレーしなければいけないと思うが、ジャッジのバラつきが多く勿体なかった。
 全体的な流れとしては、それほど崩されている・やられたという感じはしないが、やはりセットプレーとカウンターはフットサルの最大の武器でもあるので、そこで失点を重ねてしまったのは僕らの反省点として次の試合に生かさなければいけないと思う。
<Q.今シーズン初対戦だった町田の印象は?>
イゴール選手が帰ってきて、違いを出せるキーパーだと思うので、簡単なシュートだとなかなか入らないし、浦安としては苦手意識が強いのではないかと思う。イゴール選手が帰ってきたのが今日だったのが僕らとしては少し不運だったかもしれない。(前節まで町田GKの)小野寺選手もとても良いキーパーで、どちらが出てきても町田は守備が堅いチームなので、そのチームからたくさん点を取るのは難しい。なので、失点を減らさなければいけなかったが、今日は失点を重ねてしまったことが勝てなかった要因と思う。新しく室田選手と森岡選手が入って、その二人も違いを出せる選手だと思うので、次に対戦できるのを楽しみに、僕らも良い状態で対戦できるように良い修正をして頑張りたい。

町田・岡山監督のコメント
LoveFootball.jp 内容的には思っていた通りの試合運びができたので、その部分に関しては満足しているが、まだ細かい所でチャンスを決めれない、ファールからFKでの失点も今季は凄く多い。上手い試合運びが出来てた部分も多々あるが完全ではなかったと思う。それがこういう苦しい試合に繋がってしまったと思う。
<Q.浦安のパス回しをパスカットする場面が見られたが、意識してトレーニングしてきたか?>してきました。パス回しが上手いチームなので、しっかりプレスに行かないと支配されてしまう。プレスの仕方、奪い方を映像で見せたし、それを本当によく体現してくれたと思う。
<Q.勝ち点3を取っていくのも大事だと思うが、次の浜松戦、その次は現在首位のすみだ戦に向けての意気込みは?>我々は一試合一試合に全力を尽くしているので、2節後がすみだということは忘れてたし、とにかくまずは浜松に向けて全力を注ぎたいと思う。今年は山本が入り、浜松に一番必要なタイプの選手だと思う。たぶん守備が安定して手堅い試合ができるようになっているのではないかと思うので、難しい試合になると思う。ただ、こちらも名古屋戦・府中戦とパス回しが良くなってきてサポートの質も上がってきている。良くなったり悪くなったり繰り返しながらではあるが少しずつ良くなっていっていると思うので、目指すフットサルをしっかり体現して勝てるように全力を注いで頑張りたい。
<Q.今日のような接戦をものにしたのは大きいと思うがどうか?>全試合勝ち点は一緒だし、どの試合も重要なので、他の試合と同じくらい意味のある勝利だと思っている。
<Q.イゴールが復帰したが、彼のプレーをどう評価したか?>イゴールに関しては良かったと思うが、それが全てではない。ディフェンスが気迫を出して守ってくれキーパーを助けた部分もあると思う。イゴールが止めたからクローズアップされる部分があるが、小野寺も先週の試合で沢山止めている。町田がどういう守り方をしたかという内容を見てもらいたいと思う。

町田・金山選手のコメント
LoveFootball.jp
平日の試合にかかわらず、これだけたくさんの人たちが応援に来てくれて、うちが点を取ると盛り上がってくれて会場の後押しもあって勝ちきることができたことを嬉しく思う。
<Q.次は浜松戦、その次は現在首位のすみだ戦ですがは?>
目の前にある試合に向けてやっていくだけなので、次節の次は次節が終わってから考えることだと思う。次の試合に向けて、自分たちのフットサルを体現するということと、アウェーでもしっかり勝ち点を取って帰ってくるということだけだと思う。イゴールが怪我から復帰して、若い選手も入って、チームとして成長段階にあると思ので、その階段を一つずつ上がっていくだけ。自分たちがやらなければいけないことをしっかりやっていくだけだと思う。


 
(写真/記事:大関朋美)    


   ※会員ページでは本ページの各写真が、プリントや壁紙に適した拡大サイズで表示できます。

 各画像をクリックすると拡大画像が開きます。
 
 以下の写真は会員ページでご覧下さい。

 
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

戻る



Fリーグ順位表

順位 チーム 勝点 得失
1 → team logo シュライカー
大阪
80 +84
2 → team logo 名古屋
オーシャンズ
72 +53
3 → team logo ペスカドーラ
町田
62 +25
4 → team logo フウガドール
すみだ
61 +31
5 → team logo 府中
アスレティックFC
54 +5
6 → team logo バルドラール
浦安
47 -3
7 → team logo デウソン
神戸
42 -14
8 → team logo バサジィ大分 34 -8
9 → team logo エスポラーダ
北海道
34 -25
10 → team logo 湘南ベルマーレ 26 -17
11 → team logo アグレミーナ
浜松
26 -59
12 → team logo ヴォスクオーレ
仙台
12 -75

2017年2月12日時点

トップへ→

  • Fリーグ
  • エスポラーダ北海道
  • ヴォスクオーレ仙台
  • バルドラール浦安
  • フウガドールすみだ
  • 府中アスレティックFC
  • ペスカドーラ町田
  • 湘南ベルマーレ
  • アグレミーナ浜松
  • 名古屋オーシャンズ
  • シュライカー大阪
  • デウソン神戸
  • バサジィ大分