第22回全日本選手権
 準決勝 3月19日 代々木第一体育館


  デウソン神戸 vs シュライカー大阪
 
「関西ダービーは大阪が圧勝」

 準決勝の二試合目は関西ダービーとなった。リーグでは大阪が神戸に3連勝しているが、試合はリーグ戦同様、大阪が神戸に対し序盤からその強さを如何なく発揮する。

 まず2分、左サイドアルトゥールのキックインで浮き球のパスを出すと、これを右サイドで受けた小曽戸がダイレクトでファーサイドにシュートパスを送る。これをチアゴがきっちりと合わせ先制する。

 大阪は、9分にも左サイドのFKに対しアルトゥールがパスを選択する。このパスを巧くマークを外し中央で受けた小曽戸がきっちりと合わせ2点目を奪う。

 対する神戸の反撃は11分、アルトゥールからボールを奪った原田が岡崎チアゴにパスを出すと、これを岡崎チアゴが冷静に決めすぐに1点差とし流れを引き戻す。

 だが、神戸はその後13分に2度あった同点のチャンスを相井や鈴村が生かせずにいると、流れは再び大阪へ傾き始める。

 迎えた15分、大阪は、ハーフウェーライン付近で稲田のボールを奪ったアルトゥールが、カウンターからそのまま独走しゴールを蹴り込み3対1とすると、アルトゥールは続くチャンスでも、左サイド・チアゴのパスを中央で受けると、これを確実に決める。4対1とし3点差をつけた大阪が試合の流れを完全に掴んで前半を終える。

 やや余裕の出た大阪は後半、明日の事も意識したのか、アルトゥールや小曽戸、チアゴなどをベンチに置く時間を作るなど、決勝トーナメント3日間のゲームマネージメントを意識した戦い方を見せ始める。

 当然やや神戸に押し込まれる場面は増えるが、結局この時間も無失点に抑えると、大阪は32分、ゴール前でボールを受けたチアゴが右から左へGKを外しながらきっちりと蹴り込み5対1とする。

 これにたまらず神戸はパワープレーを試みるが、すぐにミスをチアゴにカットされろと、パワープレー返しを食らい、6対1とされ試合の大勢は決した。

 神戸も最後まで諦めず、33分、右サイド稲田のドリブル突破からゴールを奪い1点を返すが反撃もここまで。結局、大阪が、関西ダービーを6対2で制し、余力を残した状態で決勝へと駒を進めた。

 神戸は今大会を最後に、引退を表明している鈴村が、鬼気迫る表情で大阪に立ち向かっていく姿には感銘を受けた。攻撃陣もその鈴村を一試合でも長く試合をさせるべく、キャプテン原田やリーグで20点以上取っている相井や稲田を中心に攻撃を組み立てていったが、序盤の失点が重かった。

 一方の大阪は、前日より体が動いており、主力にあまり無理をさせずにきっちりと決勝まで駒を進めるまさに盤石の試合運びであった。唯一ヴィニシウスに元気がないのが気になるが、リーグ同様、王者の貫禄を他に見せつけた。ただ、決勝の相手は勢いに乗るとめっぽう強いすみだである。大阪はここまでの2戦とも序盤にポンポンと得点を奪う楽な展開ばかりであっただけに、試合の入り方が緩くならないかが気掛かりだ。例え序盤に失点しても慌てないことが大事であろう。 

(記事:南 英博)    
 
  LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp


 LoveFootball.jp
 
(写真:金子 保子)    
 

                                    LoveFootball.jp トップページへ

戻る



Fリーグ順位表

順位 チーム 勝点 得失
1 → team logo 名古屋
オーシャンズ
61 +67
2 → team logo フウガドール
すみだ
52 +31
3 → team logo ペスカドーラ
町田
50 +27
4 → team logo 湘南ベルマーレ 48 +44
5 → team logo 府中
アスレティックFC
46 +19
6 → team logo シュライカー
大阪
45 +36
7 → team logo バルドラール
浦安
32 -7
8 → team logo エスポラーダ
北海道
19 -37
9 → team logo アグレミーナ
浜松
18 -37
10 → team logo バサジィ大分 15 -36
11 → team logo ヴォスクオーレ
仙台
15 -51
12 → team logo デウソン
神戸
10 -56

2017年10月28日時点

トップへ→

  • Fリーグ
  • エスポラーダ北海道
  • ヴォスクオーレ仙台
  • バルドラール浦安
  • フウガドールすみだ
  • 府中アスレティックFC
  • ペスカドーラ町田
  • 湘南ベルマーレ
  • アグレミーナ浜松
  • 名古屋オーシャンズ
  • シュライカー大阪
  • デウソン神戸
  • バサジィ大分