関東リーグ2015
 第13節 11月23日 三芳町総合体育館


  コロナFC/権田 vs カフリンガ東久留米

  10月11日以来、1ヶ月ぶりの関東リーグ。
  勝点21の2位権田と勝点9の8位カフリンガの対戦。前回8節の対決では6-1で権田が圧勝。
  中断明け終盤6節の初戦となるこの試合。カフリンガは上位権田に勝って浮上のキッカケを作れるか?

 東久留米と埼玉県三芳町は車ならすぐ近く。サポーターも来やすい。
 LoveFootball.jp

 ホーム扱いだが地元横浜からはちょっと遠い権田。1位柏を追いかけるには負けられない。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 開始1分半、ゴール前の朏島慎吾(権田10)にボールが入り↓
 LoveFootball.jp

 ボールを落とすと見せかけて反転シュートを決める!
 LoveFootball.jp

 権田先制。1-0。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 その後も権田ペース。
 LoveFootball.jp

 しかし徐々にカフリンガが盛り返し始める。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 13分、中央でボールを持った坂本(カフリンガ30)、右に流れながら左足シュートを放つと↓
 LoveFootball.jp

 ゴール左上いっぱいに決まる!
 LoveFootball.jp

 一瞬選手達も入ったの?と迷うほどの見事なゴール。
 LoveFootball.jp

 1-1、カフリンガが同点に追いつく。
 LoveFootball.jp

 押されていたカフリンガだが同点後は優勢に試合を進める。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 1-1で前半終了。
 LoveFootball.jp

 立ち上がりの勢いを止められた権田。2節以来負けはないが引き分けは3回。優勝するためには勝利が欲しいが・・・
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 後半に入っても追いついたカフリンガに勢いがある。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 27分、カフリンガのカウンター。坂本(カフリンガ30)から↓
 LoveFootball.jp

 一緒に上がっていった垣本(カフリンガ19)がGKの逆を取る!
 LoveFootball.jp

 カフリンガ逆転!1-2。
 LoveFootball.jp

 サポーターと喜びを分かち合う。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 やばい・・・権田は攻撃を強める。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 残り5分を切ったところでパワープレー開始。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 残り1分にはカフリンガにパワープレー返しのチャンス↓
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 これは外れるが、カフリンガは終盤も権田に決定機を与えず。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 試合終了!8位カフリンガが2位権田を破る。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 カフリンガは7節以来、5試合ぶりの勝利。
 LoveFootball.jp

 結局開始1分半の得点のみで、もうひとつ元気がなかった権田。なんと2節以来10試合ぶりの敗戦!
 2位はキープだが首位柏に離されて勝点差4。自力優勝が消え、しかも残りは4試合だ。
 LoveFootball.jp

 カフリンガは7位に一つ順位を上げ、暫定ながら降格圏脱出。こちらは残り5試合、どこまで巻き返せるか?
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 2点目の決勝ゴールを決めたカフリンガ垣本選手にお話をお聞きしました。
 LoveFootball.jp
Q.勝利おめでとうございます!序盤劣勢でしたが逆転出来た要因はどこでしょう?
立ち上がりに失点して、最初の10分くらいは権田さんのペースだったんですが、そこで失点を最小限に抑えられたことと、チームとしてしっかり攻撃に対応できたことが後半の逆転につながったと思います。
Q.ハーフタイムはどんな話し合いをしましたか?
1-1の状況でしたから、ディフェンス面での確認、自分達の陣地でキックインとかクリアランスに相手が前から来るところでリスクを負わないことと、失点をしないで1点取って勝ちに行こう、という話をしました。
Q.この1ヶ月間、どんな面を修正してきましたか?
中断前は2勝5敗3分で勝ち星には恵まれなかったんですが、その内2試合はパワープレーからの同点だったり、そこの部分だけ修正出来ていれば4勝5敗くらいで来ていたのかなと考えると、それほど内容は悪くなかった中で、でも前期失点が多い状況ではあったので、失点は最小限に留めていこうと、ディフェンス面に重きを置いてを修正してきました。
Q.今日もまずディフェンスを重視して入ったのですね?
そうですね。権田さんのほうが個人能力やチームとしての完成度は高かったので。最初は対応しきれなかったんですけど、徐々に慣れてきてカバーリングもできるようになったのが良かったのかなと思います。
Q.リーグ戦の残りの目標は?
他力のところはあるんですが、それでも今日を含めて残り6試合、全勝すれば地域チャンピオンズリーグはまだまだ可能性はあるんじゃないかと考えて、選手権の試合も含めて自分達はシーズンの残りを全勝でいく気持ちで望もうという話はしました。もちろん下を見れば残留という最低限の目標はあるんですが、そればかりでなく前を向いて成長しようということで練習していました。
Q.28日に選手権の東京大会で関東大会進出を賭けてペスカドーラ町田アスピランチとの対戦ですが?
相手が格下とかそういう考えではなくて、今日の関東リーグと同じモチベーションと気持ちで、ディフェンスから入って1-0でもいいので、トーナメントらしく、したたかに勝利を目指したいと思います。
Q.町田は相当気合が入っているようですが視察などは?
いや僕らのほうはそういったことはしていないんですけど、相手は相当気持ちを入れて挑んでくるのは当然ですし、その中でもまず自分達の戦いをして「勝点3」をしっかり取りたいと思います。



 全日本選手権、関東大会出場枠4チームを決める東京大会準々決勝は11月28日(土)葛飾区総合体育館で行われます。
 
  関東リーグ第14節は12月5日(日)、柏市中央体育館で行われます。
  Fチャレンジリーグも同日午前中に行われるため通常日と時間が変わっています。
   11:00 Fチャレンジリーグ 柏トーア’82 vs 徳島ラパス
   13:00 コロナFC権田 vs リガーレ東京
   14:50 カフリンガ東久留米 vs ブラックショーツ
   16:40 ゾット早稲田 vs ファイルフォックス府中
   18:30 バルドラール浦安セグンド vs FCmm



 

 



(写真/記事:中根高磁)  


                                  LoveFootball.jp トップページへ

戻る



関東リーグ順位表

順位 チーム 勝点 得失
1 → team logo ロンドリーナ 27 +16
2 → team logo ブラックショーツ 22 +12
3 → team logo カフリンガ
東久留米
19 +6
4 → team logo ファイル
フォックス府中
18 +2
5 → team logo リガーレ東京 17 +9
6 → team logo ゾット早稲田 15 0
6 → team logo コロナFC権田 15 -4
8 → team logo マルバ茨城 11 -7
9 → team logo トルエーラ柏 6 -34

2017年9月10日時点

トップへ→

  • 関東リーグ連盟HP
  • マルバ茨城
  • トルエーラ柏
  • ゾット早稲田
  • リガーレ東京
  • カフリンガ東久留米
  • ファイルフォックス府中
  • コロナFC権田
  • ブラックショーツ
  • PSTCロンドリーナ

  • リンクバナー