関東1部リーグ2017
 第16節 12月2日 柏市中央体育館

  トルエーラ柏 vs ファイルフォックス府中

  残り2試合で8位マルバと勝点差4。この試合に勝利しなければ最下位が決定し2部降格となるトルエーラ柏。
  対戦相手のファイルは3位争い中。
  この日、同勝点だったリガーレが勝利、ゾットは引き分けだったが、
  3位を目指すには1敗もできない状況。柏に勝利は譲れない。
  トルエーラ柏の2部降格が決定してしまうのか?柏にとって運命一戦。

 柏は今年初のホーム柏市中央体育館での試合。多くの応援の前で降格阻止できるか。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 柏は次節は運営で試合なし。残り2試合で勝点差4を逆転しなけれ自動降格となる。
 LoveFootball.jp

 この日、先に試合を終えたリガーレが勝点24、ゾットが勝点22。勝点21のファイルは敗れれば自力で3位は掴めなくなる。
 LoveFootball.jp

 最終戦も柏市中央体育館。幸か不幸か、いづれにしてもホームで降格を賭けることになった柏。
 LoveFootball.jp

 序盤からコンタクトの激しいゲームとなる。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 ゴール前に攻め込むシーンはファイルが多い。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 柏も徐々に押し返す。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 6分、倉持(柏4)が切り込み↓
 LoveFootball.jp

 山上(柏21)のシュート↓
 LoveFootball.jp

 ファイルGK高橋がセーブ。
 LoveFootball.jp

 最終戦で柏と対戦するブラックショーツ新海監督が試合を見つめる。
 LoveFootball.jp

 少し柏の時間があったがまたファイルペースとなる。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 11分、宗像(ファイル20)が中央で前を向いて↓
 LoveFootball.jp

 そのままシュート!
 LoveFootball.jp

 GKの左を抜いてゴールを捕らえる。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 ファイルが先制。0-1。
 LoveFootball.jp

 今季得点力のない柏、先に手痛い失点を許す。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 さらに14分、左サイド小原(ファイル10)が突破し↓
 LoveFootball.jp

 長尾(ファイル15)が折り返して↓
 LoveFootball.jp

 中央に上がった三木(ファイル18)が決める!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 余裕のフィニッシュ。0‐2。ファイルがリードを広げる。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 このままではやばい。柏反撃のシュート、しかし防がれる。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 終盤もファイルが押し込む。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 前半のうちに1点返したい柏だが↓
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 これもゴールに届かない。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 0-2で前半終了。
 LoveFootball.jp

 柏の華やかなハーフタイムショー。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 ファイルにとってはそれほど危なくない展開に見えるが、追い詰められた柏も何をするかわからない。
 LoveFootball.jp

 劣勢だからといって諦められないトルエーラ柏。気持ちを込めて後半へ。
 LoveFootball.jp

 立ち上がり、柏が前に出る。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 しかし得点には至らない。
 LoveFootball.jp

 それでも深刻にならずに試合を楽しむムードを作る柏ベンチ。
 LoveFootball.jp

 27分、柏がゴール前でファール↓
 LoveFootball.jp

 ファイル絶好のチャンス↓
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 ここは右に外れる。
 LoveFootball.jp

 さらに28分、自陣で柏のボールを田辺(ファイル)が奪いカウンター↓
 LoveFootball.jp

 中央を上がった田辺からパスを受けた右の宗像(ファイル20)がシュートを決める!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 宗像(ファイル20)のこの日2点目で0-3!
 LoveFootball.jp

 ゲーム展開、今期の力関係からしても試合が決まりかねない3点差。
 LoveFootball.jp

 ところが直後、柏の攻撃が機能し始める。中央を上がり際の山上(柏21)から↓
 LoveFootball.jp

 左ポストに滑り込んだ若林(柏8)がゴールに叩き込む!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 柏がようやく1点返す! 1-3。
 LoveFootball.jp

 サポーターを盛り上げる若林。
 LoveFootball.jp

 まだ12分ある。柏、さらなる追い上げなるか?
 LoveFootball.jp

 1点を機にムードが変わり、柏がボールを支配し始める。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 32分、林(柏14)からのラストパス↓
 LoveFootball.jp

 国本(柏5)惜しくも押し込めず。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 33分、国本(柏5)の落としを↓
 LoveFootball.jp

 高村(柏18)がミドルシュート!
 LoveFootball.jp

 見事決まって2-3!
 LoveFootball.jp

 柏に2点目で1点差。
 LoveFootball.jp

 負ければ降格のゲームで0-3からの追い上げ。追い込まれて開花したか柏。
 LoveFootball.jp

 さらに直後、ファイルのボールを前線で追いかけ↓
 LoveFootball.jp

 ボールを奪って倉持(柏4)が即シュート!
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 なんと連続得点で一気に追いつく! 3-3。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 ホームの会場は柏コールに包まれる。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 0-3から追いつかれたファイル。慌ててタイムアウトを取る。
 LoveFootball.jp

 残り7分、勢いは柏にある。しかしファイルも3位のためには負けられない。
 LoveFootball.jp

 柏の攻勢が続く。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 ところが37分、ファイルがゴール前に攻め込み、小原(ファイル10)が横切りながら↓
 LoveFootball.jp

 体をひねってシュート↓
 LoveFootball.jp

 Gkが止めたところを三ヶ尻(ファイル9)が押し込む!
 LoveFootball.jp

 ファイルに勝ち越し点! 4-3!
 LoveFootball.jp

 なんと4点目はファイル! 柏の希望を打ち砕く。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 ファイルにとっても正念場。喜びは大きい。
 LoveFootball.jp

 残り3分、柏は必死に攻める。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 負ければ降格決定。しかし得点は奪えない。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 試合終了! 4-3。ファイル勝利。トルエーラ柏の2部降格が決まる!
 LoveFootball.jp

 ファイルは3位戦線生き残り。リガーレと並んで勝点24となった。
 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 肝を冷やしたファイルフォックス。勢いに乗った柏に逆転を許さずよく踏み留まった。
 LoveFootball.jp

 残り試合は首位ロンドリーナと3位争いの直接対決となるリガーレ。
 3位=地域チャンピオンズリーグ出場への道のりはまだ険しい。
 LoveFootball.jp

 中央で観客に大きく頭を下げてお礼するトルエーラ柏。
 LoveFootball.jp

 ホームでの降格を踏みとどまれなかったが3点差を一時追いつく意地を見せた。
 LoveFootball.jp

 最終節でブラックショーツとの対戦を残すが最下位は決定してしまった。
 LoveFootball.jp

 切り替えて最終戦、有終の美を飾れるだろうか。
 LoveFootball.jp

 トルエーラ柏・那須監督にお話をお聞きしました。
 LoveFootball.jp
<Q.今日は降格のかかったゲームでしたが、残念ながら敗れてしまいました。>
自分たちが攻撃的な姿勢を見せる反面、ボールの失い方が悪くて、そこから相手のカウンターを食らってしまったのがゲームの敗因かなと思います。
<Q.しかし後半3点差を追いついたところなどは見事でした。いい形の攻撃もあったように思います。>
今シーズン、開幕当初はチームとして未熟なところもあって勝ちきれないこともあったんですが、そこからチームを立て直して、失点を減らすことも必要でしたし、攻撃面でもボールを支配してゴール前まで攻め込んでも点を取れないというのが課題でした。そういう意味では今日の後半、実際ゲームの中で狙った形で取れた点もあったというのは、リーグ終盤になってしまいましたけど、選手の成長を評価してもよいかなと思います。
<Q.3-3のあと、中田選手のシュートパスを押し込めなかったなど惜しい攻撃もありました。>
そうですね。そこを押し込めないというのが今シーズンのチームなので、そこは選手たちも悔やまれる部分であったと思います。これを次に生かすには自分たちを鍛えなおすしかないと思いますし、ああいうところで取り切れるように、反省を生かして最終節も戦いたいと思います。
<Q.今シーズンはチーム名も変わって、戦術もガラッと変えたシーズンだったと思います。カウンター主体から人数をかけて前からボールを持って攻めていくということだったと思うんですが、しかし序盤は苦しんで、でも手ごたえは得てきた所なのかと思うのですが?>
そうですね。ただゲームの中で自分たちを信じてやってはいるんですけど、なかなか結果が出ない分、成長が遅くなってしまったのかなと思います。もう少し結果が出ていればもっともっと成長することもできたのかなと思います。
<Q.リーグ途中、これは降格もあるかもという成績になってきた時に、戦術を変えようか迷いはありませんでしたか?>
そうですね、その時点でもチームとしてというより選手それぞれの成長は見られていましたので、もちろんチームの成績も出したいですけど、選手が成熟すればチームとしても結果が出てくると思っていますし、やっていることは間違っていないと信じて最後まで貫きたいと思っています。
<Q.これで1部から降格となってしまいました。まだ決まったばかりではあるのですが、これまでの1部での戦いを総括するとどんな感想がありますか?>
皆さんも感じられていると思うのですが、ウチの良いゲーム、勝ち切っているゲームというのは守備から入ってカウンターというのが上手く機能していた状況だったと思うのですが、はやりボールを保持して逆に相手に守備をさせるような、そういった攻撃を作り出したいという思いもあり、その両面を押さえて戦ってきたつもりなので、その部分で関東1部で通用した部分と、もっともっと鍛えなおさないといけない部分が見えたかと思います。今後はもっと成長するスピードが上がるかと思いますので、努力を続けていきたいと思います。
<Q.これまで1部リーグだけでなく、Fチャレンジリーグ・地域CL・全日本選手権などで実績を残してきました。長いチームの活動の中で、この2部降格は奈須監督の中ではどういった意味合いなのでしょう?>
もちろんこの結果は残念なんですが、選手・監督をやっている以上、上を目指していくつもりではありますし、ただ僕は選手が成長できることがまず大事だと考えていますので、そこに目を向けて、その上でチームとして結果も出せていければなと思います。例えば昨年、地域CLで全国2位になって、自分たちはやれると慢心したところも多少あったと思うんです。もちろん守ってカウンターという形では成果を出せたと思いますし、でも馬場(昨年のエース選手)も抜けてボールを自分たちで持って攻撃できるかというところで関東1部で通じなかった所もありました。そうした多くの課題が分かったということが財産だと思いますし、それらを糧に選手たちがもっと成長できるように、今後もブレずに大きく変わっていきたいなと思います。
<Q.まだ最終戦もありますし尚早だと思いますが、来季に対して目標はありますか?>
自分たちを信じることが大事だと思っています。僕は選手のポテンシャルを信じて戦うということを、今シーズンも初めに示して、選手もついてきてくれる。そこに本当に感謝していますし、そういった選手と監督の絆を大事にして、どのカテゴリーで戦ってもそれは変えずに、ピッチで表現できるのは選手なので、監督はトレーニングと戦術をしっかり落とし込んで、あとは選手に委ねられる、そういったチームによりなっていければと思います。今回は残念な結果でしたけど、その分、上を目指すという目標も置けるので、成長を第一にその上で結果も出していきたいと思います。


   次回、第17節は12月9日(土)葛飾区水元総合スポーツセンターで行われます。
   ファイルフォックス府中は13時から首位ロンドリーナと対戦。
   トルエーラ柏は運営でお休みとなります。 

 
(写真・記事:中根高磁)    
  

     ※会員ページでは本ページの各写真が、プリントや壁紙に適した拡大サイズで表示できます。

 各画像をクリックすると拡大画像が開きます。
 
 以下の写真は会員ページでご覧下さい。

 
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

戻る



関東リーグ順位表

順位 チーム 勝点 得失
1 → team logo ロンドリーナ 33 +18
2 → team logo ブラックショーツ 30 +15
3 → team logo ファイル
フォックス府中
30 +11
4 → team logo リガーレ東京 27 +13
5 → team logo カフリンガ
東久留米
26 +8
6 → team logo ゾット早稲田 22 -3
7 → team logo コロナFC権田 16 -9
8 → team logo マルバ茨城 14 -15
9 → team logo トルエーラ柏 8 -38

2017年最終順位

トップへ→

  • 関東リーグ連盟HP
  • マルバ茨城
  • トルエーラ柏
  • ゾット早稲田
  • リガーレ東京
  • カフリンガ東久留米
  • ファイルフォックス府中
  • コロナFC権田
  • ブラックショーツ
  • PSTCロンドリーナ

  • リンクバナー