全日本選手権 関東大会 第1日目 前橋市民体育館 1月14日

 全日本選手権の関東大会は各都県代表と関東リーグ前期上位チームが参加し、
 全16チームのトーナメントで行われる。全国大会への参加枠は3つ。
 1日目の1月14日は8チームが参加し、1回戦を勝ち抜いた4チームが
 この日2試合目となる準々決勝で1月29日の決勝日への進出を争った。
 

 準々決勝 第1試合
 柏イーグルスTOR’82 5-1 DELMIGLIORE CLOUD 高崎
  
                

 1回戦でバンフを破った柏とFCビバを破ったDELMIGLIORE CLOUD 高崎(以下クラウド)の対戦。
 須崎、山崎チアゴを擁し1回戦でも強さを見せたクラウドだったが、関東リーグシードの柏の前には劣勢を強いられた。
 まず3分、柏のエース特手が中盤でボールを奪うとゴール前まで一人で持ち込みGKもかわして先制。
 クラウドも集中したプレーで食らいつき10分に関口のゴールで同点としたが、これで気合いの入った柏が
 11分に国本、13分に特手のゴールで突き放し、クラウドの勢いを止める。
 守備に回れば強い柏。組織的な守備とボール際の個の強さでクラウドに得点機を与えず時間が経過。
 後半にも中田、大竹のゴールで2点を追加し5-1で勝利。
 クラウドは須崎・チアゴがそれぞれ10本のシュートを放つが柏ペースを崩すに至らず、地元群馬での全日本挑戦は幕を閉じた。
 
 
  

 
 

 3分、柏・特手がボールを奪い↓
 

 そのまま上がってGKもかわして先制。
  

 
  

 
 

 10分、クラウドが同点とするが得点はこれのみ。
 

 柏は国本のゴールですぐに勝ち越し、着々と突き放す。
  

 
  

 
  

 
  

 
 

 クラウドは須崎をGKにパワープレーも見せるが反撃及ばず。
  

 
 

 40分、大竹の駄目押し点で5-1。柏の勝利。
  

 
 

 もう一勝で全国大会。柏躍進のシーズンの結末はいかに?
  

 

 準々決勝 第2試合
 コロナFC権田 7-6 カフリンガ東久留米
  
         


 関東リーグ1部同士の対戦となった準決勝の2試合目は激しいゴール合戦となった。
 序盤ペースを握ったのはカフリンガ。安藤の上手いシュートで2点を先制する。
 コロナも何度もゴールに迫るがポストにも嫌われ点が入らない。ようやく15分、
 大場からのシュートパスにあわせた矢島のゴールで1点を返すと、同じ攻撃が面白いように決まりだす。

 16分に左サイドをえぐった竹松のシュートパスに朏島慎吾が合わせて2-2。
 直後にも竹松から朏島慎吾の全く同じ攻撃で3-2と逆転。さらにプレー再開すぐに、
 同じく左サイドをえぐった竹松のシュートが今度は直接ゴールに入って4-2!
 さらに直後に第2PKを得ると、この日大活躍の竹松がこれも決めて、なんとコロナは2分で5得点!
 これで試合の大勢が決まったかと思った直後、今度はカフリンガ沖本がシュートパスに合わせる形で立て続けに2得点。
 そして前半最後の得点はコロナ朏島。またも左サイドからのシュートが決まって6-4とし後半へ折り返す。

 あまりの目まぐるしい展開に選手も観客も動揺するなか後半がスタート。
 シーソーゲームの名の通り、次はカフリンガの得点で6-5、その次はコロナで7-5、
 そして29分、またカフリンガで7-6。1点差で最後の10分を争う両チーム。
 しかしカフリンガの攻撃はコロナGK野邨の好セーブに阻まれ、最後は死力を尽くして打ち疲れた両チーム。
 大接戦を制してコロナが準決勝に進出。昨シーズンは関東リーグ優勝に加え、
 全日本選手権、地域チャンピオンズリーグでも活躍したカフリンガは、ここで今シーズンを終えることとなった。
 
  

 
 

 序盤はカフリンガペースで試合が進む。
  

 
  

 
 

 4分、安藤のシュートでカフリンガ先制。
  

 
 

 10分、2-0となってからコロナ反撃。
 

 この惜しいシーンもゴールに押し込めず。
  

 
  

 
  

 
  

 
 

 15分、コロナ大場のクロスから矢嶋が決め1点を返す。
 

 続く16分、竹松のシュートパスに朏島慎吾が合わせて同点!
  

 
 

 直後に同じ得点の繰り返しで逆転に成功!
  

 
 

 今度は竹松が直接決めて4-2。
  

 
 

 このあと第2PKも決まって5-2。なんと2分間で5得点。一気にコロナが逆転した。
 

 しかし今度はカフリンガの反撃。沖村(シニーニャ)の2得点で5-4と追い上げる。
  

 
 

 怒涛の前半、最後の得点は朏島慎吾のハットトリック。6-4。コロナリードで折り返し。
  

 
 

 立て続けの失点に下を向くカフリンガGK肥沼。
 

 ハーフタイム。
  

 
  

 
 

 後半開始。前半のような激しい展開が続くのか?
 

 24分、カフリンガ坂本の得点で6-5。
  

 
  

 
 

 28分、コロナ大場の得点で7-5。
  

 
 

 29分、カフリンガ安藤のこの試合3点目で7-6。
 

 1点差での残り10分。カフリンガが攻めるが。
  

 
 

 コロナGK野邨の好セーブもあり得点を許さず。
 

 7-6でコロナの勝利!
  

 
 

 カフリンガの今期は終了した。無念の選手達。
  

 
  

 
  

 
 

  この結果、1月29日の決勝日には柏イーグルスTOR’82とコロナFC権田が進出します。
  フウガ・ゾット・ファイル・セグンド・マルバなどが出場する21日の第2日目もレポートいたします。



 

 

                                    LoveFootball.jp トップページへ



戻る



Fリーグ順位表

順位 チーム 勝点 得失
1 → team logo 名古屋
オーシャンズ
61 +67
2 → team logo フウガドール
すみだ
52 +31
3 → team logo ペスカドーラ
町田
50 +27

2017年10月28日時点

8.18 チャレンジすみだvs町田
7.21 第6節 町田vs名古屋
6.22 開幕戦インタビュー

詳細→

関東リーグ順位表

順位 チーム 勝点 得失
1 → ロンドリーナ 30 +18
2 → ブラックショーツ 28 +17
3 → リガーレ東京 21 +12

2017年10月28日時点

10.27 13節 ゾットvsロンド
10.24 13節 東久留米vs柏
10.11 2部 町田vs浦安

詳細→

お知らせ

お知らせ
ラブフットボールは、 2016シーズンより活動を 縮小させて頂いております。 ご理解の程 宜しくお願い申し上げます。