Fリーグ2012 powered by ウィダー in ゼリー 開幕前特集3

 ペスカドーラ町田 フウガとのプレマッチ写真&関野監督インタビュー 
                


  3年目のFリーグで2位となりながら、4年目9位、5年目の昨シーズンも7位と低迷しているペスカドーラ町田。
  6月2日、フウガすみだとのトレーニングマッチにお邪魔し、チームの仕上がり具合を確認すると共に
  関野監督に今期の抱負をお聞きしました。

 チームの顔でもある横江怜。サイドからの強烈なミドルシュートで毎年10点以上を挙げているが、
 チームとしてはそこに頼ってばかりではいけない。
 

 永島はサイドを深くえぐってのクロスが特徴的。だが、もっと多くの得点機を演出して欲しい。その力はあるはずだ。
 

 町田の得点源・ジャッピーニャこと本田マルコス。プレーのラフさがなくなれば良いのだが・・・
 

 この日の町田はまだ発展途上。ボールは回っても怖さがなく、逆にフウガのカウンターをことごとく浴びた。
 

 フウガのドリブルorロングフィードからのファー詰めが次々と決まり、なんと7失点。 
 

 町田のこの日のテーマはミドルシュートや個人技に頼らず、ゴール前でボールを回しての得点ゲット。
 チャンスの数は少なかったがゴール前で左右にボールをつなぎ金山・甲斐が得点を奪うなど、昨年までにない形を模索中だ。
 

 府中から移籍のGK梅田。正GKの原も健在。ゴレイロの層は厚い。
 

 試合は2-7でフウガの勝利。トレーニングマッチとはいえ開幕まであと2週間。心配な結果だ。 
 

 
 試合後、ペスカドーラ町田・関野監督にインタビューしました。
 

 <今シーズンの目標とテーマを教えてください。>

 今年はプレーオフに出ることが目標です。3位以内に入ってプレーオフに進出しなければいけないと思っています。
 昨年は一昨年に比べて失点を大幅に減らすことに成功しています。ペスカドーラ創設以来、最も失点が少なかったんですが、ただそれに伴って得点も減ってしまったので、守備の良かった事をベースに得点力を上げるのが今年のテーマです。それにはポジェッションをもっと上げて、主導権を持ちながらシュートで攻撃を終えるように心がけています。
 それとここ数年、これはウチに限ったことではありませんが入場者数も減ってしまっていることもありますので、見に来てくれたお客さんが「ああ面白かったな、また見たいな。」と思えるような面白い試合をやろうと。前身のカスカベウ時代から町田の良いところはポジェッション高く綺麗なパス回しから点を取るというところだと思うので、昨年向上した守備をベースに、町田の本来の良さを生かしたフットサルをやりたいというコンセプトで取り組んでいます。

 <得点力を挙げるための具体的な取り組みとしてやっていることはありますか?> 

 ここ数年、ピヴォらしいピヴォがいなくてミドルシュートや個人突破での得点に偏っていた部分がウチの課題だったので、今日も何回かあったんですけど自分たちのポジェッションからゴール前に2人目3人目が入っていって、3本4本とパスがつながってゴールを取る形を狙っています。
 それと今年、森谷(もりや)をピヴォにコンバートするつもりで、今日もピヴォをやらせました。もともとピヴォらしい動きが出来る選手なので、彼をターゲットに典型的なピヴォ当ても使っていきたいと思います。
まだそういう形の練習を始めて2週間なんですが、あと2週間で少しでも成熟させて開幕を迎えたいと思います。

    
    アラ/フィクソからピヴォへのコンバートを試みている森谷。
    テクニックとフィジカルを兼ね備え、一時期代表にも選ばれていた。
    ピヴォ化が成功すれば町田の攻撃が大きく変わる。

 

 <今日の試合はかなり失点してしまいましたが?>

今日はある程度リスクを負ってでも攻撃を仕掛けていこう、そこからカウンターを受けて失点してもある程度は仕方ない、という考えで挑んだんですが、それで選手が攻めに注力して守りが甘くなってしまいました。攻め重視といっても限度があるというか、同じパターンでやられ過ぎですよね。私の指導が悪かったのかこの試合に関しては選手達に勘違いさせてしまったかもしれません。

 <来週6月9日に府中とのプレシーズンマッチがありますが、それもトレーニングを目的に攻撃重視で挑みますか?>

実は今日の時点ではまだセット組も決めていないんです。選手達もやりにくいかったと思いますが、
このあとセットも決めて来週は今日のような試合でなく、開幕を想定してしっかりした試合をします。


 
 <今年、キーマンになる選手はいるでしょうか?>

キャプテンは大地(おおち)なんですが、今年は副キャプテンに滝田を任命しました。日本代表に長く入っていて良い経験していることをチームに伝えてほしい、高い意識を植え付けてほしいと言ってあります。

 <滝田選手はキャプテンシーを持った選手、またはそういった立場に相応しい選手になっている、ということですか?>

彼は代表としてのプライドは持っている選手だと思いますが、本来はあまり皆を引っ張っていくタイプではありません。
だからこそ、チームのためと彼自身のためにも、彼に自覚を持って変わってほしい、という思うを込めて副キャプテンに任命しました。

 
          アジアチャンピオンにも貢献した日本代表のフィクソ滝田。 (写真:座間健司)

 <日本代表がアジアチャンピオンになりましたが、フットサル界に良い影響はあるでしょうか?>

 ワールドカップに出場するということはフットサル界にとって凄く大きなことだし、代表に選ばれている滝田にはアジア選手権出発前に「なんとしてもやり遂げなければいけないミッションだ。」と言って送り出しました。もっともっとフットサルを世の中に認知させるには、やはり代表が頑張ってくれないといけないと思うんです。なでしこもそうでしたし、代表が頑張ればリーグも盛り上がるしスポンサーも付くわけで、代表の役割というのはそれくらい重要だと思います。
 カズ選手を呼ぶのかどうか話題になっていますが、僕は肯定派ですね。どんな手段を使ってでも、フットサルが世の中に認知されて注目を集めるならば、やるべきだと思います。僕らみたいに普段フットサルに携わっているものからすれば、フットサルは進歩したな、Fリーグが出来て昔より盛り上がったな、なんて言いますけど、世の中からすればワールドカップに出てもほとんど知られていないわけですから。それがカズさんが出ることによって新聞の一面に取り上げられたりTV中継されたりがあるならば、どれだけフットサルに大きな影響があることか。
 もちろん、そんなのは自力でやるべきだとか、いろんな意見や批判があるのも分かります。でもこの世界で食べているものからすれば、そんなことを言っている場合じゃない。どんなことをしてでも、どんな人の力を借りてでもFリーグを盛り上げなきゃいけない。そして僕らは面白い試合をやって、見に来たお客さんに「フットサルって面白いな、また見に来たいな」って思わせなければいけないんです。



  
  3年目に優勝争いをした時には2000名入る町田体育館が毎回いっぱいになっていたペスカドーラ。
  人気の地盤はあるチームなだけに低迷から抜け出しリーグを盛り上げてほしいと思います。



   6月9日(土)、関東共同開催プレマッチが開催されます。
   6月9日 13:00~ 湘南vs浦安戦 15:30~ 町田vs府中戦 町田市立総合体育館
   


 

                                    LoveFootball.jp トップページへ


写真:大関朋美 記事:中根高磁

戻る



Fリーグ順位表

順位 チーム 勝点 得失
1 → team logo 名古屋
オーシャンズ
61 +67
2 → team logo フウガドール
すみだ
52 +31
3 → team logo ペスカドーラ
町田
50 +27
4 → team logo 湘南ベルマーレ 48 +44
5 → team logo 府中
アスレティックFC
46 +19
6 → team logo シュライカー
大阪
45 +36
7 → team logo バルドラール
浦安
32 -7
8 → team logo エスポラーダ
北海道
19 -37
9 → team logo アグレミーナ
浜松
18 -37
10 → team logo バサジィ大分 15 -36
11 → team logo ヴォスクオーレ
仙台
15 -51
12 → team logo デウソン
神戸
10 -56

2017年10月28日時点

トップへ→

  • Fリーグ
  • エスポラーダ北海道
  • ヴォスクオーレ仙台
  • バルドラール浦安
  • フウガドールすみだ
  • 府中アスレティックFC
  • ペスカドーラ町田
  • 湘南ベルマーレ
  • アグレミーナ浜松
  • 名古屋オーシャンズ
  • シュライカー大阪
  • デウソン神戸
  • バサジィ大分