関東リーグ2015
 第2節 6月20日 東久留米スポーツセンター


  ゾット早稲田 vs コロナFC/権田

 コロナFC権田(以下権田)は1部リーグ復帰2戦目。
 開幕戦はともに敗れた両チーム。
 権田は開幕戦の反省を踏まえてか、前節見せなかった激しい前プレを仕掛ける。
 しかしこれを回避し決定機を多く作るのはゾット。
 5分と7分に丸山が2点を挙げ、ゾットが前半を2点リードで折り返す。
 
 後半にも権田が果敢に前プレを仕掛けると、22分に立て続けにその前プレでボールを奪った
 朏島、小池がそのままGKとの1対1を決め、2点を奪い2-2に追いつく。
 しかしこれで火のついたゾットが猛攻。追いつかれてわずか40秒後に圧力をかけオウンゴールを奪うと
 さらに1分後の24分にロングクロスで裏に出た武内のスパーボレーで4-2と権田を突き放す。
 
 ここまでの権田の2点はともに個人技の2点。
 後半で2点差をつけられ、リスクを掛けて4人で相手陣に入った権田は30分、
 シュートのこぼれ玉を拾ってボールを回し、またシュートを放つ波状攻撃を見せ
 最後は横田が決めて、今期初めて遅攻で点を奪う。
 これで4-3となったが、このまま押されていないゾットが再度ペースを取り戻すと
 3分後に松田のゴールで5-3と三度目の2点差にし、その後は権田にペースを渡さずそのままタイムアップ。
 
 取りたい場面で確実に点を取ったゾットの地力を感じる勝利だったが、
 権田も開幕戦とは違うプレーを見せ、4年ぶりの1部に対応する過程であることを感じさせた。

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp



 関東リーグ2015
 第2節 6月20日 東久留米スポーツセンター


  カフリンガ東久留米 vs リガーレ東京

  カフリンガがホーム東久留米スポーツセンターにリガーレを迎えたこの日の第4試合。
  カフリンガはリガーレが1部に上がって以来、リーグ戦では2年間4試合全敗。
  昨季は優勝したファイルフォックスと勝点差1。カフリンガにとってはリガーレ戦が優勝への試金石ともなる。
 
  今年こそは負けないという気持ちを出して試合に入るカフリンガ。
  しかしリガーレのディフェンスがカフリンガの攻撃についていき、ゴール前に入り込ませない。
  ピヴォに入るボールはカット、ドリブルはサイドに追いやられ、
  単独のミドルシュートは打てても、決定機を作るに至らない。
  
  元々守備は堅いリガーレだが、攻撃の起点でもあり決定力もある岡野の加入で攻撃にも厚みが出る。
  9分、小仲のシュートにゴール前で鳥飼が詰めてオウンゴールを誘いリガーレが先制。
  19分にも田嶋の中央からのトゥーシュートが決まり前半を0-2とリガーレがリード。
  後半に入りさらに激しく攻めに出るカフリンガだが、
  シュートパスは放ってもゴールに押し込むことができず0-2のまま時間が過ぎる。
 
  カフリンガに焦りが見えてきた残り8分、右サイドからリガーレ松浦のミドルシュートが決まり0-3。
  さらに1分後、ゴール前で小仲が押し込んで0-4としリガーレがほぼ試合を決定付ける。
  小仲は今年カフリンガからの移籍。先制点のアシストと4点目の得点で古巣への恩返しを果たした。
  結局カフリンガは最後まで得点を挙げられず、このままリガーレが0-4で完勝。
  カフリンガはいまだリガーレを克服できず。次節の相手も好調の首位柏トーアと気の抜けない戦いが続く。

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp

 LoveFootball.jp


 リガーレ東京・西野選手兼任監督にお話をお聞きしました。
 LoveFootball.jp
Q.今期初勝利、おめでとうございます!
開幕戦のmmとの試合は引き分けで、すごく盛り上がって面白かったよ、とみんな言ってくれるんですけど、その試合が関東リーグの中でどのくらいの位置づけなのか計り切れなかったんですが、今日のカフリンガは昨年もチャンピオンズリーグに行っているチームですし、今日の試合次第で、今期僕たちがこれまで取り組んできたことが間違いでなかったと自信が持てると思っていましたので、今日は勝利という結果が出てよかったと思います。
Q.内容的にも手応えがある、ということですね?
そうですね。攻撃の面では岡野が戻ってきてくれて、まだそこに頼らざるを得ない部分はあって、彼がキープして時間を作ってくれるのでもっと厚みのある攻撃にしていかなければいけないと思うんですけど、守備に関してはカフリンガというリーグのなかでも攻撃力のあるチーム相手に、今期ずっと取り組んできた自分たちのやり方がハマッたというか、危ない場面は何度もあったので完璧ではないですけど、手応えはあったかなと思います。
Q.去年までのディフェンスと比べて進化したところはどんなところですか?
去年までは守りから入るというか、マンツーマンで守ってそこから攻撃に行く余力がなくて、それは練習でも強い攻撃力を持った相手チームを再現できなくて、練習と試合のギャップが大きかったのが原因でもあるんですが、今年は練習でそれをオートマチックに再現できるように工夫して、一つ二つ抜かれてもカバーリング出来るように練習できているので、高い位置でディフェンスしてそこから攻撃につなげられるようになってきたかなと思います。
Q.カフリンガにこれだけ相性がいいのはなんででしょう?
いや、でもPUMA CUPの関東大会では5-0で負けていますし、リーグ戦で勝っているといっても去年までは僕らがドン引きして勝っていたので、今年は守備の位置も高くなって、勝ち方が違うというか、ファンの方にもカフリンガに対しても僕らの成長を見せることができたかなと思います。それと今日はカフリンガから移籍して来てくれた小仲がいたので、小仲が得点に絡んでくれて、男にしてあげたかったので、そこも良かったと思います。
Q.岡野選手は2年間Fリーグを経験してきて変わりましたか?
ピヴォとしてキープする部分とか、すごく自信を持って帰ってきてくれましたし、体格も良くなってチームにプラスになる働きを沢山してくれているんですけど、それを言葉で言うのではなく、体で何も言わずにプレーで表現してくれるので、彼はすごいな、と感じています。
Q.今期の目標はどこに置いていますか?
僕らは1部に上がって2年とも6位で終わっているので、それ以上を掲げているんですが、チームには若手も入ってきていますし、ある程度キャリアを積んで競技生活の最後が近づいてきた選手もいます。そんな選手たちが身を削って練習してくれているので、本音を言えば全国大会に出場してそこで彼らを活躍させてあげたいな、という思いがあります。


 次節は6月28日(日)ウイングハット春日部で行われます。
  11:00 柏トーア’82 vs カフリンガ東久留米
  12:50 バルドラール浦安セグンド vs リガーレ東京
  14:40 ファイルフォックス府中 vs コロナFC/権田
  16:30 ゾット早稲田 vs FCmm



 ここまで掲載した関東1部リーグ第2節の試合
  ファイルフォックス府中vs柏トーア’82
  ブラックショーツvsFCmm


 



(写真:金子保子 中根高磁)  


                                  LoveFootball.jp トップページへ
 

戻る



関東リーグ順位表

順位 チーム 勝点 得失
1 → team logo ロンドリーナ 30 +18
2 → team logo ブラックショーツ 28 +17
3 → team logo リガーレ東京 21 +12
3 → team logo ファイル
フォックス府中
21 +4
3 → team logo ゾット早稲田 21 +4
6 → team logo カフリンガ
東久留米
19 +3
7 → team logo コロナFC権田 15 -7
8 → team logo マルバ茨城 11 -14
9 → team logo トルエーラ柏 7 -37

2017年10月28日時点

トップへ→

  • 関東リーグ連盟HP
  • マルバ茨城
  • トルエーラ柏
  • ゾット早稲田
  • リガーレ東京
  • カフリンガ東久留米
  • ファイルフォックス府中
  • コロナFC権田
  • ブラックショーツ
  • PSTCロンドリーナ

  • リンクバナー